Mの部屋(仮題) リターンズ

英会話スクールとかオンラインレッスンとかTOEIC(975点)とか英検(1級合格)とかの情報を公開、共有。しばらく前にHPを公開していたがサービスが終了、久しぶりに復活したので、"リターンズ"。英検でも、TOEICでもそこそこ挫折を味わって、色々考えてきたので、参考にしていただけることはあるかも。


TOEIC975点ホルダーが(改定前の)『新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6』を解いた結果

特急シリーズの『新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6』を解いた。この本の改定版は2017年に出ているが、この結果は改定前のものを、最近解いた結果である。ということで参考程度に見ていただければよいかと。 1st Round 22/26 (85%)2nd Round 22/26 (85%)3r…

ブログ開始3ヶ月経過、ブログなどについて語る

ブログ開始以来、3ヶ月経過。恒例の架空インタビュー。第3弾。(^_^;) ~~~「もう、ブログ開始から3か月経ちましたね。ブログについて教えて下さい」 「ブログですか・・・」 「どうしたんですか?思いつめた感じですが、何か困ったことがあるんですか?」…

効果的なコーチングのための本、『The Coaching Habit』

去年、英語を教えるとか、指導するとかに興味があった頃に読んだ本。英語の勉強をかねて、コーチングについて知識を得るため、評判の良さそうなこの英語の本を購入。amazon.comのレビューが非常によかった。1200以上のレビューで80%以上が5つ★であった。 T…

TOEIC975点ホルダーが『新TOEIC TEST 読解特急 5 ダブルパッセージ編』を解いた結果

特急シリーズの『新TOEIC TEST 読解特急 5 ダブルパッセージ編』、ずいぶんに前に購入した以来、全然使っていなかった。パート7の対策をそろそろ本格的にやってみようかと思い解いてみた。 新TOEIC TEST 読解特急 5 ダブルパッセージ編 作者: 神崎正哉,TEX加…

英語の地力をあげるために『英会話・ぜったい音読 【続・挑戦編】』

『ぜったい音読』シリーズの1冊。英検やTOEICなどのテストでよい結果を出すには大きく2つ必要だと思う。(1)英語の地力 (2)テスト固有の対策この『ぜったい音読』シリーズは英語の地力を高めるための本である。英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】 (CDブ…

仕事や生活での変化への対応法。おすすめ。『Who Moved My Cheese?』

Who Moved My Cheese?An A-Mazing Way To Deal With Change In Your Work And In Your Life. 世界的ベストセラー。発売以来色々な言語に翻訳されている。サブタイトルにあるように仕事や生活での変化に対応する方法についての本。 Who Moved My Cheese 作者:…

先月の英語の学習時間

ちょっと気になって、1月の英語の学習時間を集計してみた。 35時間36分。 去年の1月と比べて、2時間アップ。1日平均で1時間ちょっと。 去年は英検のために結構勉強していたので、下がったかと思っていた。下がっていなかったのでちょっと嬉しい。英検は受け…

TOEIC975点ホルダーが(お気に入りの)『新TOEIC TEST パート5 特急 400問ドリル』を解いた結果

『新TOEIC TEST パート5 特急 400問ドリル』、PART5対策では一番のお気に入りの本である。この問題集を解いてみた結果。 1周目(2015年)Set1 35/40Set2 31/40Set3 33/40Set4 28/40Set5 38/40Set6 32/40Set7 32/40Set8 36/40Set9 32/40Set10 39/40 2周目(2018…

英語長文読解のアドバイスで受験生の点数アップ

英語長文読解のアドバイスを受験生にしたが、これはTOEICや英検にも役立つのではないかなと思う。 4ヶ月ほど前、受験生の英語のアドバイスを求められた。 テストのスコアの詳細を見たら、長文読解で殆ど点数が取れていなかった。長文読解が苦手とのこと。 昔…

オーディオ版でアガサ・クリスティーの『And Then There Were None』

日本語のタイトルは、『そして誰もいなくなった』。 英語の小説自体は先に読んだが、リスニングのためにAudio book(CD)を買ってみた。 このCD、ナレーターの人は1人であった。Hugh Fraserという方。登場人物が老若男女いるが、全部この人が声色を変えてナレ…

アガサ・クリスティーの名作、『And Then There Were None』(そして誰もいなくなった)

一昨年、講談社英語文庫の『And Then There Were None』を読んだ。 日本語翻訳のタイトルは『そして誰もいなくなった』。アガサクリスティ―の名作。 遠い昔に、日本語翻訳版を読んだことがあったが、講談社英語文庫で発売されたので購入した。 そして誰もい…

TOEIC975点ホルダーが『新メガ模試1200問 TOEIC L&R テスト VOL. 1』を解いた結果

『新メガ模試1200問 TOEIC L&R テスト VOL. 1』を一通り解いた結果。 TOEIC本番前には初見の模試問題を解きたいので、一気には解いてしまわず、割合長めの期間で1周するが、この問題集は割合早く終わらせた。 Test4~6については今回のTOEIC(第237回)の直前…

アイデアのつくり方『A Technique for Producing Ideas』

『A Technique for Producing Ideas』を読んだ。英語の本。 アイデアの作り方について学べて、英語の勉強にもなると思って購入した本。 ページ数は50ページくらいで、そんなにボリュームは無い。書かれたのは数十年前で、古典的名作という趣きの本である。 …

TOEIC975点ホルダーが『TOEIC L&Rテスト でる模試 700問』を解いた結果

一昨年から昨年末までにかけて、『TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問』『TOEIC L&Rテスト でる模試 リーディング700問』を一通り解いた。その結果。参考に模試を解いた直後のTOEICのスコアも記載。 ●2017年06/11 でる模試(1) [1回目] L85,R9006/14 …

洋書の入門書として超おすすめ、『My Father's Dragon』(エルマーのぼうけん)

『My Father's Dragon』(by Ruth Stiles Gannett)。日本語のタイトルは、『エルマーのぼうけん』。児童向けの本。挿絵も多め。 この本は1948年に出版されて賞を受賞。そしてその後、2作の続編が書かれた。翻訳もされ世界の子どもたちに読まれている。続編を…

英会話のイーオンのシャドーイング用テキストを終了、『Shadowing & Ondoku』

英会話のイーオンのシャドーイング用テキスト、『Shadowing & Ondoku』を一通り終了した。 去年受講したイーオンのティーチングワークショップで使用したテキスト。ワークショップでは、ティーチングが主なトピックなのでレッスンの進め方や生徒とのコミュニ…

TOEIC975点ホルダーが『TOEIC L&R TEST パート1・2特急Ⅱ 出る問 難問240』を解いた結果

去年の一時期、リスニングのスコアがいまいちだったので『TOEIC L&R TEST パート1・2特急Ⅱ 出る問 難問240』を購入。この本は、『新TOEIC TEST パート1・2特急Ⅱ 出る問 難問200』が改訂され、特に難しくなったパート2の新形式問題が50問追加された問題集。改…

今年2018年に読んだ本。『Holes』、『蟻地獄』などがおすすめ。

今年2018年に読んだ本。 今年は久しぶりにそこそこ本を読んだ。書店に立ち寄る習慣が復活したため、何冊も本を購入した。またネットでも購入していて未読の本は増えている・・・。 『神様ゲーム』 麻耶雄嵩『さよなら神様』 麻耶雄嵩『殺戮にいたる病』 我孫…

TOEIC975点ホルダーが『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』を解いた結果

TOEIC満点に向けて、PART5を強化するためと、解く時間を短縮するために『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』を購入。一通り解いてみた。以下が文字通り解いてみた結果。 第1章 品詞問題正解数 300/334、誤答数34 第2章 動詞問題正解数 91/102、誤答数11 …

今年(2018年)読んだ英語本。『Star Wars The Last Jedai』、『Star Wars The Force Awaken』

今年たまたま洋書セール(忘れもしない、英検の2次試験がダメすぎて呆然としていた帰り道)で、『Star Wars The Force Awaken』を見かけて購入。Junior Novel版で、少年向け?みたいで、ボリュームはそんなにない。そんなのもあるのかと知り、大好きな『Star Wa…

今年(2018年)読んだ英語本。『The ABC Murders』, 『Murder On The Orient Express』

今年、『アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕』を書店で見かけて買った。日本推理作家協会賞(評論その他の部門)、本格ミステリ大賞(評論・研究部門)受賞作。これはなかなかやばい本である。昔、日本語翻訳で有名作品をいくつか読んだ程度であったが…

今年(2018年)読んだ中でのおすすめの英語本。『Holes』 by Louis Sachar

今年読んだ中で人におすすめしたい英語本は、『Holes』 by Louis Sachar。この本を読む前に、Sidney Sheldonの『Naked face』を読み終わって、Sidney Sheldonの別の本をアマゾンで探してたら、アマゾンがちょくちょく勧めてくる。別の作者の本であったが、レ…