Mの部屋(仮題) リターンズ

英会話スクールとかオンラインレッスンとかTOEIC(980点)とか英検(1級合格)とか工業英検(2級)の情報を公開、共有。しばらく前にHPを公開していたがサービスが終了、久しぶりに復活したので、"リターンズ"。英検でも、TOEICでもそこそこ挫折を味わって、色々考えてきたので、参考にしていただけることはあるかも。


英語

2020年6月の英語の学習時間

6月の英語の学習時間を集計してみた。 67時間30分。 平均すると1日あたり2時間15分ジャスト。 従来より多めであるが、やはりそれは在宅勤務のおかげと思う。特に、在宅勤務が始まってから、仕事前に朝に勉強をするのをずっと続けている。 朝は寝ぼけてて、身…

Gengoの翻訳者のトライアルテストをうけた(3)

Gengoの3回目のトライアルテストを受けてみた。 たまにサイトをのぞいても、全然テストが実施されていなかったようだが、先月、久しぶりにテストが受けられるようになっていた。 その前に受けたのが1年以上前。その当時は翻訳の勉強を全然やっていなかった。…

バーチャル二次試験で見る、英検準1級の2次試験の流れ

英検のサイトのバーチャル二次試験で、2次試験の流れが確認できるようになっている。音声と吹き出しにより、実際の面接官と受験者のやり取りが見られる。 英検準1級の2次試験の流れを英検のバーチャル二次試験を確認してみた。 www.eiken.or.jp 準1級 入室、…

TOEIC、9月のテストは定員制で先着順!

「第252回TOEIC(R) Listening & Reading公開テスト【2020年9月13日(日)】の実施について」www.iibc-global.org 9月のTOEICは定員制となると、お知らせが出た。 そして、申し込みは先着順! 先着順での申込受付となり、定員数に達した時点で、申込締切日前…

翻訳学習者に超おすすめ!『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』

前からこの本の存在は知っていたが、タイトルやレビューを見て何となく購入に至っていなかった。 安西先生の本や問題集にずっとお世話になっていたが、一通り終わりそうになったので、試しに買ってみた。 内容 この本では、PART A, B, Cに分かれていて合計14…

TOEIC公式のYouTubeの模擬試験(6/28)、開催間近!

TOEIC公式のYouTubeを使った模擬試験が、約1週間後と近づいてきた。 YouTube動画でテストを体験! #TOEIC公式みんなで模擬受験 2020年6月28日(日) www.iibc-global.org 開催日時 2020年6月28日(日)12:55~15:00 「動画は6月28日~8月31日までの限定公開です…

Conyacの翻訳者のトライアルテストをうけてみた(8)

Conyacの翻訳者のトライアルテスト(レベルテスト)をうけてみた。 今回8回目の挑戦。 テスト前には、『日本人なら必ず誤訳する英文』を終わらせて、結構いい感じでテストを受けれたように思う。 越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳し…

シュワルツェネッガーの『イレイザー』を字幕で

TVで放映されてる映画はHDDレコーダーで時々録画していている。 そして、何本か未消化のままになっている。 その中に、面白かったという記憶だけ残っていたシュワルツェネッガーの『イレイザー』があった。 内容は全然は思い出せないので見てみた。 ふと、リ…

『翻訳英文法トレーニングマニュアル』

翻訳のための問題集、『翻訳英文法トレーニングマニュアル』を終了。 内容 この『翻訳英文法トレーニングマニュアル』は、安西先生の『英文翻訳術』の内容に対応した問題集。 この本の「はじめに」に以下のように書かれている。 上智大学で担当している翻訳…

2020年5月の英語の学習時間

5月の英語の学習時間を集計してみた。 94時間17分。 平均すると1日あたり、約3時間2分。 このブログで以前の学習記録を確認してみたら、2018年以降で、この2020年5月が一番学習時間が長かった! 理由の1つは、5月の頭がGWで学習時間がとれたこと。 あと、在…

『トライアル現場主義!』、翻訳トライアルを受ける人に貴重な一冊

翻訳会社に翻訳者が登録するには、トライアルテストを受けて通らないといけない。 そのトライアルテストについての本である『トライアル現場主義!』を購入し、課題を解いてみた。 内容 この本は、100ページ強の本で、内容は下記のようになっている。 はじめ…

ローカル版の『英辞郎 第11版』

普段、オンラインの『英辞郎 on the WEB Pro Lite』をよく使ってる。 www.englishlearner-m.net 非常に便利ではあるが、ネットワークの調子が悪かったり、サーバーメンテナンスで使えないこともある。そんな時のために、ローカル辞書を持っておけばいざとい…

Conyacの翻訳者のトライアルテストをうけてみた(7)

Conyacの翻訳者のトライアルテスト(レベルテスト)をうけてみた。今回7回目の挑戦。 今回はテストを受けられるようになってからすぐに受けずに、少々準備して臨んだ。 ツールの導入 以前書いたように、前回のテストを受けたその次の日に『Zero to One』という…

エルマーシリーズ完結編、『The DRAGONS of BLUELAND』

エルマーシリーズの完結編。『The DRAGONS of BLUELAND』(邦題、エルマーと16ぴきのりゅう) ボリュームも多くなさそうなので、まとまった時間があったGWに読んでみた。 内容 前2作で、エルマーはりゅうを救出して、家に戻った。 そして、りゅうも自分の家族…

その場で調べられる英日辞書、Chromeの『Google Dictionary』が便利!!

前回までのAHK版かんざしとマウスの話の続き。 AHK版かんざしを使い始めて、マウスも買った。さらに他にもっともっと楽できる方法はないかと考えていたら、ひとつ思い出した。 大昔に、単語を選択すると、そこに小さいウインドウが開いて意味が出てくるツー…

結局マウスを4個購入!(AHK版かんざし活用のため)

前回紹介したAHK版かんざしは非常に便利である。 しかし、ちょっと不便なところがあった。 ウェブサイトなどで選択した単語を検索する場合である。語句を選択した後、マウスの中ボタンを押してメニューを出す、というのがちょっとやりにくい。中ボタンはマウ…

『AHK版かんざし』で世界が変わった!

『AHK版かんざし』はオンラインの辞書、ローカルの辞書、グーグルなどを効率的に検索するためのツール。 内山氏のAHK版かんざしのサイトhttps://uchi-com.jp/kanzasi/ahk.html 以前から『AHK版かんざし』のことは知っていて、数か月前にPCにインストールして…

ローワン・アトキンソンの『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』

アマゾンプライムビデオ『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』(字幕版)を見た。 スパイコメディ映画。 いつものように『メンタリスト』を見ようとしたら、この映画の宣伝してたので、ついそのまま本編を見てしまった。この映画のページに行ってみたら…

2020年4月の英語の学習時間

4月の英語の学習時間を集計してみた。 77時間34分。 平均すると1日あたり2時間35分くらい。 学習時間が増えているのは、在宅勤務の影響が大きい。 TOEIC 4月のTOEICが中止になり、5月のTOEIC対策はGWからはじめようかと思っていたら、GW前に5月のTOEICの中止…

新型コロナで6月のTOEICも中止!次は9月!

新型コロナの影響で、4月のTOEIC 第249回が中止になっている。 受験料の返金という選択肢もあったが、それは申込まず、今後も受験するので振替受験のためのバウチャーコードにしておいた。 そのバウチャーコードのメールが本日送られてきた。 実は、この4月…

2020年3月の英語と日本語の学習時間

3月の英語と日本語の学習時間を集計してみた。 英語が35時間49分で、日本語は2時間5分。合計で37時間54分。 平均すると1日で1時間13分くらい。 うすうす気づいていたが、やはり減っていた。 TOEIC 確認してみたら、全然勉強してなかった。 翻訳 Ameliaの月例…

新型コロナのこの時期に、変化を受け入れるための本『Out of the Maze』

新型コロナの影響で、以前は当たり前に過ごしていた生活を、現状は過ごせない。 しばらくはこの状態が続きそうである。そして、この新型コロナがおさまった後も影響が残りそうである。 そこで、『Out of the maze』(邦題『迷路の外には何がある?』)を取り出…

新型コロナで5月のTOEICも中止!英検は!?

5月のTOEICについて、まだ一か月以上もあるが、メールが届いた。 5/24(日)のTOEIC 第250回公開テストが中止とのこと。 これで3回続けてTOEIC公開テストが中止ということになった。 今年の1月の開催が最後で、それ以降開催されていない。 Webサイトにもお知ら…

新型コロナがいつ収束するのかちょっと心配になった話

英会話オンラインレッスンをずっと続けている。 Hanaso英会話。つい最近5年目に突入した。 先生はフィリピン人。 レッスンの本題に入る前にスモールトーク(世間話)があるが、最近はやはり、新型コロナウイルスの話題になることが多い。 スモールトークは、通…

翻訳者ネットワーク『アメリア』とは

このブログで既に何度か触れている、『アメリア』について。 より本格的に翻訳の勉強するためにどうしようかと考えて、翻訳者ネットワーク『アメリア』に入会することにした。 去年の秋ごろの消費税が上がる前の半年くらい前のことである。 翻訳スクールなど…

『Zero to One』、邦訳版は2015年ビジネス書大賞

少し前に自分の周りでentrepreneur(起業家)やstartup(新規事業)という言葉が話題になっていた。 今年洋書セールでたまたま買った本の中に、それに関連したものがあったので読んでみた。 『Zero to One』 内容 作者は、Peter ThielとBlake Masters。 Peter Th…

"Japan News"の和英翻訳コンテスト

Japan Newsというのは、読売新聞系の英字新聞。 このJapan Newsに和英翻訳コンテストのコーナーがある。週に1回で、毎週金曜日。 去年から、翻訳の勉強をしているが、翻訳というのは外国語から母国語というのが基本らしい。例えば自分の場合は、英語から日本…

2020年2月の英語の学習時間

あんまり勉強してなかった気がして、集計をつい先延ばしにして、もう1月以上たってしまった。 (ちょっと食べ過ぎて体重増えてそうだから、普段は測ってるけど今日は体重計にのらないでおこう、というような現実逃避的な感じ) しかし現実を直視するため2月の…

英検など、初めて受けるテストの勉強法

英検、HSK、工業英検など、『合否』のあるテストをいくつか受けてきている。 英検を受け始めた頃から、なるべく効率よく合格できるよう準備したいなと思って考えてきた。大人になってくるといろんな意味で時間が無くなってくるので。 今までのいくつかテスト…

エルマーシリーズの2作目、『Elmer and the Dragon』

英語の本はずっと読むようにしている。 最近は久しぶりにノンフィクションの『Zero to One』を読んでいる。内容は面白いが少し疲れてきた。 Zero to One: Notes on Start Ups, or How to Build the Future 作者:Masters, Blake,Thiel, Peter 発売日: 2015/06…