Mの部屋(仮題) リターンズ

英会話スクールとかオンラインレッスンとかTOEIC(980点)とか英検(1級合格)とか工業英検(2級)の情報を公開、共有。しばらく前にHPを公開していたがサービスが終了、久しぶりに復活したので、"リターンズ"。英検でも、TOEICでもそこそこ挫折を味わって、色々考えてきたので、参考にしていただけることはあるかも。


TOEIC980点ホルダーが『新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編』(4周目)を解いた結果

『新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編』を久しぶりに解いてみた。

数年前に購入したもので、2014年8月30日 第12刷発行となっている。

既に3周分解いた記録あり。おそらく日付(2015年11月)の記載のあるものが、一番最後に解いたもののようである。

1周目から3周目は、900点に届いたかどうかという時期に解いていたようである。

 

 

結果

問題は第3章のみパート6形式の問題で、残りはパート5の形式の空所補充の問題。全部で130問ある。

解いた結果は、正解数が125/130(正解率 96%)であった。間違った問題うちの1問は正解がわかっていたのに記載をミスしたものだった。(本番ではこういうことが無いように気を付けないといけない)

 

それぞれの章の[正解数/問題数]は以下のとおり。

第1章 [26/26] 絶対に落とせない 26題

第2章 [32/32] 取りこぼしやすい弱点を克服する 32題

第3章 [11/12] 自分のペースをモノにする 12題

第4章 [23/26] 難問でも基本は同じ 26題

第5章 [9/10] 力試しに挑戦したい 10題

第6章 [24/24] しっかりモノにする 24題

 

第1章から6章までの130問全てを一気に解いた。かかった時間は約53分。

ちなみに、過去の正解数と比較するとこんな感じ。

1周目 109/130 (84%)

2周目 114/130 (88%)

3周目 122/130 (94%) 2015年11月

4周目 125/130 (96%) 2022年5月


感想

正解率については、かなり前とはいえ、既に3周解いているから間違いは少なかったと思う。間違えた問題は、以前も間違えたところだった。問題集は繰り返し解くのが重要だなと思った。

今までに正解率100%になるまで問題集を繰り返し解いたことがないが、それを目指すのがよさそうだと思う。ネットなどで見ていると、驚くほど教材を繰り返して使っている人もいるようなので。

古めの問題集ではあるが、久しぶりに解いてみて、割と良い問題が揃っていると思った。難易度も、1周目(900点に届くかどうかの頃)で、84%だったのでほどよい難易度の問題集だと思う。

『900点特急パート5&6』や『900点特急II 究めるパート5』はやけに難しくて出題頻度が少なそうな問題が集められていると思うので、その前にこの問題集の問題が確実に解けるようにしておくのがよさそうだと思った。

 

 

 

 

www.englishlearner-m.net

 

www.englishlearner-m.net

 

 

(↓↓ クリックしてもらえたら励みになります!)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村