Mの部屋(仮題) リターンズ

英会話スクールとかオンラインレッスンとかTOEIC(980点)とか英検(1級合格)とかの情報を公開、共有。しばらく前にHPを公開していたがサービスが終了、久しぶりに復活したので、"リターンズ"。英検でも、TOEICでもそこそこ挫折を味わって、色々考えてきたので、参考にしていただけることはあるかも。


アガサ・クリスティーの名作、『And Then There Were None』(そして誰もいなくなった)

一昨年、講談社英語文庫の『And Then There Were None』を読んだ。

日本語翻訳のタイトルは『そして誰もいなくなった』。アガサクリスティ―の名作。

遠い昔に、日本語翻訳版を読んだことがあったが、講談社英語文庫で発売されたので購入した。

 

そして誰もいなくなった And Then There Were None (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

そして誰もいなくなった And Then There Were None (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

 

 

ストーリー

孤島に数名の人が招かれる。その人たちが、童謡に従って殺人事件が起きていく。いわゆる見立て殺人。この作品では、アガサ・クリスティーの作品に登場する有名な名探偵ポワロやミスマープルはこの作品では登場しない。

Ten little soldier boys went out to dine;
One choked his little self and then there were Nine.

Nine little soldier boys sat up very late;
One overslept himself and then there were Eight.

Eight little soldier boys travelling in Devon;
One said he'd stay there and then there were Seven.

Seven little soldier boys chopping up sticks;
One chopped himself in halves and then there were Six.

Six little soldier boys playing with a hive;
A bumblebee stung one and then there were Five.

Five little soldier boys going in for law;
One got in Chancery and then there were Four.

Four little soldier boys going out to sea;
A red herring swallowed one and then there were Three.

Three little soldier boys walking in the zoo;
A big bear hugged one and then there were Two.

Two little soldier boys sitting in the sun;
One got frizzled up and then there was One.

One little soldier boy left all alone;
He went out and hanged himself and then there were None.

 

感想

おおまかなストーリーなどは記憶にあって、読みすすめるうちに真相を思い出してきたが、それでもさすがに面白かった。知らない単語がもっと少なくてすらすら読めれば、もっと面白い気がする。

作者が書いた文章をそのまま読み終えたというのが嬉しい。昔は英語で読むことなんか全然想像していなかった。

ストーリーを知っている作品を読むのはよいな、と思った。それでこの本以降も何冊か読んでいる。内容を知っていることで多少英語力不足でもなんとか読めるので。

この本は名作なので、日本語版を読んだことなくて、いきなり英語版から読んでも楽しめるかもしれない。目安としては、TOEICリーディング300点台後半より上、英検2級くらいより上であれば頑張って読めるのでないかと思う。

人が次々に殺されて展開が速いので割りと飽きないで読めると思う。ちなみに『オリエント急行殺人事件』は設定はある意味似ているが、人はあんまり殺されない。また『オリエント急行殺人事件』のように、端々にフランス語が出てくる、というようなこともない。

 

オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

オリエント急行殺人事件 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)

 

 

また、講談社英語文庫は後ろに注釈もついてもいるのでわからない単語をある程度確認できるのは便利。

この本に出てきたお気に入りのフレーズ。

"I suddenly saw my way clear."

自分もこんな風に自分のやることがはっきりわかることがあればいいのにな、と思った。

ちなみに、霜月氏の評価では、『And Then There Were None』(そして誰もいなくなった)は★★★★。

 

アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕 (クリスティー文庫)

アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕 (クリスティー文庫)

 

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)