Mの部屋(仮題) リターンズ

英会話スクールとかオンラインレッスンとかTOEIC(975点)とか英検(1級合格)とかの情報を公開、共有。しばらく前にHPを公開していたがサービスが終了、久しぶりに復活したので、"リターンズ"。英検でも、TOEICでもそこそこ挫折を味わって、色々考えてきたので、参考にしていただけることはあるかも。


2018年の英検やTOEICなどを振り返る。今年最後は衝撃の結末。

英検1級、去年合格しているが今年も受験。

スピーキングに関して、ネイティブっぽくいい感じにしゃべりたい、というのが目標にありずっと発音改善に取り組んでいる。それを2次試験のスコアの形で確認したかった。

2次試験は下記の4つの項目で判定されるが、そのうちの"PRONUNCIATION"のスコアを上げたかった。

SHORT SPEECH
INTERACTION
GRAMMAR AND VOCABULARY
PRONUNCIATION

具体的な目標としてはPRONUNCIATIONで8点(10点中)取りたい思っていた。しかし残念ながら7点どまり。おそらくここで8点とれるようになるとかなり発音がよいと思われる。9~10点は殆どネイティブみたいな発音ができないと取れないのではないかと想像している。

英検のテスト自体としては、2次試験に2回不合格した後に、最終的に合格。前向きに考えると、2次試験を3回受けたので、スピーキング力向上のために良い訓練になったと思う。

CASECなるテストも受験した。

これはPC環境で受験するテスト。家でも受験できる。英会話のAEONに通っているが、そこでCASECのコンテストがあったので参加してみた。ディクテーションの問題など他のテストでは見られないような問題があり、初めての受験ということで微妙なスコアであった。

確かテスト受験後にすぐにスコアが出力されたと思う。英検やTOEICの換算スコアも表示されて、それぞれ2級、875点ということであった・・・。そんな結果であったのですっかり忘れていて、かなり時間が経ったあと、スクールで全国で20位以内に入ったとのことで表彰状をもらった。英会話のAEONはスクール生は数万人はいるようだが、このテストの受験者数は不明。実はかなり少ないのではないかと思う・・・。

TOEICも受験。

今年最初のテストでTOEICの自己ハイスコアを久しぶりに更新。975点。満点まであと15点。もう少しなので頑張って勉強すればいけるんじゃないかと思い、今年はそこそこTOEICに注力してみた。しかし残念ながらその後のスコアはぱっとせず。初回がハイスコアであった。

結局、公開テストとIPテストをあわせて8回も受験。1年間の最多の受験回数であったが、対策が中途半端だったかもしれない。

そして、今年もあと数日で終わるという今日、思いがけず今月のTOEIC(第236回)の結果がオンラインで公開された。

手ごたえは良くなかったので、あんまり期待していなかったが、全然予想していなかったスコアだった。

895点(L455, R440)

予想をはるかに超えたダウンであった。

3年ぶりくらいに900点を下回った。

今から本気で真剣にTOEICの勉強をしようと思う。