Mの部屋(仮題) リターンズ

英会話スクールとかオンラインレッスンとかTOEIC(980点)とか英検(1級合格)とかの情報を公開、共有。しばらく前にHPを公開していたがサービスが終了、久しぶりに復活したので、"リターンズ"。英検でも、TOEICでもそこそこ挫折を味わって、色々考えてきたので、参考にしていただけることはあるかも。


記事50本目、ブログなどについて語る

ブログ開始以来50本目の記事。記念企画で架空インタビュー。第2弾。(^_^;)


~~~

「ブログはまだまだ続いてますね」

「はい、おかげさまで。読んで下さる方がいるので続けられています」

「2ヶ月近くなりますが、何か変わりましたか?」

「最近は記事を書くばっかりなので、若干落ち着きました。最初の頃はブログの設定とか色々大変で時間がかかったりしていました。でも最近はほとんどそういうことをしていないですね」

「ブログについて、周りの反応とかはどうですか?」

「実生活では、あんまりブログの話はしないです。英語の勉強のディープな話を聞いてくれる人が周りにいないので、それでブログをはけ口にしれるくらいなので(笑)。
 英会話スクールのレッスンのときに、話題としてブログを始めたのは少し話しました。英語の勉強法のブログを始めたと話したら、いいねって言われました。その時何故か先生と他の生徒さんに英語で書いてるのって聞かれました。もちろん日本語で、って答えましたが。でもその後英語のブログはいいかもしれないと心にずっと残ってます。以前、facebookで英語の練習のために、投稿を英語で書いて時期もありましたし、何か思いついたらやってみたいですね」

「ブログのアクセス数とかどうですか?」

「ちょっと前から急に読者登録する方が増えて、少しアクセス数が増えました。
最初何が起こったのかと思いました。調べたら、はてなブログのダッシュボードの「購読中のブログ」の横の方に『こんなブログもあります』に自分のブログが出るようになってたんですね。それ以来、少し増えてる感じですかね。でも、そんなのあるなら最初に言ってほしいですね(笑)」

「TOEICや英検の記事はどうですか?」

「昔自分がネットで探して、英検やTOEICについて欲しいと思っていた情報を書くようにしているのですが、やはりそういうのアクセス多いですね。最近だと英検の時期なので、英検の記事が注目記事に上がってますね。あと、ちょうどTOEICの結果が出ましたが、それも多いですね。センター試験の記事は、実は人に言われてやってみたんですが。結構読まれてますね。そしてたいしたことのない点数を公表してしまいました(苦笑)。実は2, 3年前に気軽な気持ちで解いてみたことあるんですが、その時は140点台でした。大きな声では言えませんが」 

「英会話スクールの記事はまだまだ今後ありますか?」

「そうですね。まだあんまり書いてないですね。あとオンラインレッスンのHanaso英会話はまだ殆ど書いてないですが、そっちはそれほど多くは書くことを思い浮かばないんですよね」

「でも、まだまだ今後も続くということで。100本くらいいけそうですか?」

「・・・」

「やはり大変そうってことでしょうか(笑)。では話題を変えて英語に関して何か目標はありますか?以前、英語の本を読む話しをされてましたが」

「ええ、本はじっくり読みたいですね。アガサ・クリスティ、アイザック・アシモフ、ローレンス・ブロックなど未読の本がたまってまして。あと、全然関係ないですが、去年TEDのキュレーターのクリス・アンダーソンの本を読んだりして、TEDに出演したいなと思いました。NHKでやってた『スーパープレゼンテーション』は去年で終わりましたが。最終回にクリスアンダーソンが登場してましたね」

「何か、TEDで話すようなことを考えてるんですか?」

「いや、全く何も無いです(笑)。何か話して、最後スタンディングオベーションになったら気持ちいいだろうなと思っただけです」

「そうですか。では最後に、来月もTOEICを受けられますね。次回もハイスコア目指して頑張って下さい」

「はい。ハイスコアに向けて頑張ります!」

 

www.englishlearner-m.net

 

 

TED Talks: The official TED guide to public speaking: Tips and tricks for giving unforgettable speeches and presentations

TED Talks: The official TED guide to public speaking: Tips and tricks for giving unforgettable speeches and presentations